くらし情報『「公立の中高一貫校」と「大学附属校」の魅力と注意点!きちんと理解して選択しよう【今から知っておきたい中学受験のイロハ】』

2019年7月23日 18:00

「公立の中高一貫校」と「大学附属校」の魅力と注意点!きちんと理解して選択しよう【今から知っておきたい中学受験のイロハ】

第4回公立の中高一貫校と大学附属校

目次

・第4回公立の中高一貫校と大学附属校
・公立の中高一貫校はお得?大学附属校ならエスカレーターでラク?
「公立の中高一貫校」と「大学附属校」の魅力と注意点!きちんと理解して選択しよう【今から知っておきたい中学受験のイロハ】


公立の中高一貫校はお得?大学附属校ならエスカレーターでラク?

今回は公立の中高一貫校と、最近人気が高まっている大学附属校についてお話ししましょう。

公立中高一貫校一番の魅力は学費が安いこと。しかし難攻不落の高倍率は覚悟して!
公立の中高一貫校は、1998年の学校教育法の改訂によって、「中等教育の多様化を一層推進し、生徒の個性をより重視した教育を実現すること」を目的に作られました。入学には選抜試験がありますが、過度な受験競争を起こさないために、学力試験を行わず、適正検査、面接、調査書などで選考することなども定められています。
公立中高一貫校の数は年々増えていて、全国で210校が設置されています(文部科学省調べ)。

中学校の間は義務教育なので授業料は不要。高校も、2010年から授業料の無償化(所得制限あり)が始まっていますから、私立の中高一貫校と比べると授業料の面ではかなりお得なことが公立中高一貫校の最大の魅力でしょう。また、国算理社の学力試験がないことからも人気が高く、2019年度の受験倍率を見ると、東京都立小石川中等教育学校で6.7倍、さいたま市立浦和中学校で8.44倍(第1次)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.