くらし情報『教育格差を是正する!?アメリカで自動車産業よりも大きくなると期待されるEdTech』

2019年7月12日 18:10

教育格差を是正する!?アメリカで自動車産業よりも大きくなると期待されるEdTech

第2回10年先取り?アメリカのEdTech事情

目次

・第2回10年先取り?アメリカのEdTech事情
・アメリカでは4兆ドル産業と期待されるEdTech
・教育格差是正の目的で発達してきたアメリカのEdTech
・無料で一流大学の講義が受けられるのに、学校に行く意味はある?
・ALTスクール、ミネルバ大学……IT企業が相次いで新しい学校を開校
・何十年も変わらなかった日本の教育現場もようやく大きく変わるのか?!
教育格差を是正する!?アメリカで自動車産業よりも大きくなると期待されるEdTech


はじめまして!EdTechで日本の教育を草の根から変えていこうと奔走する、二児のパパ&スーパー銭湯大好きな高山智司です。

前回は、これからの教育は、テクノロジーを駆使して、個別最適型の“アダプティブラーニング”に変わって行くだろう(というか、そうあるべき)という話をしました。

世界の先進国、とくに北米ではかなりアダプティブラーニングが進んでいて、それに比べれば日本の教育は、5年から10年は遅れているというのが私の実感です。
5年の遅れというと、たとえば5年前のスマートフォンと今のスマートフォンを比べてみればわかるように、ITの世界では致命的なほどの遅れです。

このままでは日本の教育はかなりヤバイと、私は本気で心配しています。

アメリカでは4兆ドル産業と期待されるEdTech

アメリカで、EdTech が注目されるようになったのは、2011年のオバマ大統領(当時)の一般教書演説がきっかけです(EdTechって何?と思った人は前回の記事をご参照のことhttps://hanakomama.jp/topics/74506/)。この演説の中でオバマ大統領は、貧困層と富裕層の教育格差の是正・生徒の成績向上のために教育改革を行う、そのためにEdTechを中心とした教育産業に投資すると明言しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.