くらし情報『不登校児童生徒数が44万人!?不登校の現状とその対策について』

2019年7月5日 17:50

不登校児童生徒数が44万人!?不登校の現状とその対策について

不登校、いじめ、学力低下、教育改革……、最近気になるニッポンの教育。英語教育やプログラミング教育など、新しい教育についても気になります。現状はどうなっているの?国は何をしているの?これからどうなるの?教育について気になるあれこれを、文部科学省にズバリ聞いてみます!

第1回目不登校児童生徒数44万人ってどういうこと!?

目次

・第1回目不登校児童生徒数44万人ってどういうこと!?
・文科省の調べでは19万4千人が不登校
・5年連続で不登校は増えている
・中学校で急増する不登校
・国が行っている具体的な支援とは
・不登校児童生徒の支援に関する施策について定めた初めての法律が成立
・不登校は、国や自治体が真剣に取り組む課題に
不登校児童生徒数が44万人!?不登校の現状とその対策について


5月30日の「NHKスペシャル シリーズ 子どもの声なき声“不登校”44万人の衝撃」という番組をご覧になった人も多いのではないでしょうか。

44万人ってすごくないですか!?

かつては登校拒否と言われた時代もあり、1960年代の終わりからすでに問題視されていた不登校。最近増えているのはどういうこと?国はどんな対策をしているの?
文部科学省初等中等教育局児童生徒課に、不登校の現状とその対策について聞いてみました!

文科省の調べでは19万4千人が不登校

文部科学省が公表している小・中・高等学校における不登校児童生徒数をまず聞いてみました。

平成29年度では、約19万4千人。前年度は約18万2千人。44万人という数字と大きく異なりますが、その理由は、“不登校の定義”の違いにあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.