くらし情報『「ドイツで産むか、日本で産むか」家族会議で決まった結果は…!?【初めて尽くしのドイツ生活】』

2019年7月12日 17:50

「ドイツで産むか、日本で産むか」家族会議で決まった結果は…!?【初めて尽くしのドイツ生活】

この連載は、

ひょんなことから、25歳にドイツで駐在妻となったゆとり世代の筆者が初めての結婚生活・妊娠・出産・子育てを、初めての海外生活で、泥臭く奮闘した「初めて尽くしのドイツ生活」を記した体験談。

目次

・【家族会議をはじめます】
・【ちなみにドイツで産むとこんな感じ】
・【立ち会い出産がしたい】


リアルなドイツ生活や子育てについてはもちろんのこと、「優雅」と言われがちな駐在という立場にいる苦悩や、外から見た日本の「本当にこれでいいの?」と感じる疑問や違和感を綴ります!

子どもだけじゃない、自分のキャリアやライフスタイルを見る視野が1度でも広がり、1mmでも深まるきっかけになれば幸いです。

出産は一大イベント。日に日に大きくなるお腹と、エコー写真のわが子。
きたるXデーに向けて心の準備を整えて…とはいえ、初めてのお産となると、誰しも不安を抱えるものではないでしょうか?
どんなお産にしよう?どこの病院がいいの?産後はどうしたら?などなど、考えて決めることは山ほど。

わたしの場合は、まず「ドイツで産むか、日本で産むか」を決めるところからスタートしました。

【家族会議をはじめます】

「ドイツで産むか、日本で産むか」家族会議で決まった結果は…!?【初めて尽くしのドイツ生活】


つわりが落ち着いた頃、家族会議が行われました。

議題『ドイツで産むべきか、日本で産むべきか』

主人「日本で産む方がいいんじゃないか?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.