くらし情報『美容皮膚科医がレクチャー!汗をかいても効果が続く日焼け止めの正しい塗り方』

2019年7月23日 18:10

美容皮膚科医がレクチャー!汗をかいても効果が続く日焼け止めの正しい塗り方

目次

・なぜ日焼け止めを塗っても焼けるの?
・日焼け止めを塗っても焼ける対策!
美容皮膚科医がレクチャー!汗をかいても効果が続く日焼け止めの正しい塗り方


いよいよ本格的に汗をかく季節が到来。今年の梅雨は関東においては雨の日が少ないですが、曇りでも紫外線は降り注いでいるから気をつけて! また湿度や気温が高いと汗をかきやすくなるため、日焼け止めが落ちてしまいがち。

そしてそれ以前に、日焼け止めの“塗りムラ”で「塗っても焼ける」なんてことも決して珍しくないんです!

美容皮膚科医の慶田朋子先生に、日焼け止めの塗りムラ防止や徹底カバーの方法をお聞きしました!

なぜ日焼け止めを塗っても焼けるの?

花王のアウタースキン研究所が2019年2月、日常的に日焼け止めを使用している20~40代の女性1,545人に対して実施した「日焼け止めに関するインターネット調査」では、8割以上の女性が「しっかりと日焼け止め剤を塗ったはずなのに、いつのまにか日焼けしてしまった」経験があると回答。

美容皮膚科医がレクチャー!汗をかいても効果が続く日焼け止めの正しい塗り方


最近の日焼け止めは落ちにくいと言われているし、どうして塗ったのに焼けるの?と疑問に思うかもしれません。

実は、バッチリ塗れたと思っていても、それは思い込みだったなんてことも!

花王のデータでは、「量が不十分」「まんべんなく塗れていない」「塗り直しの頻度が低い」ことで、塗った日焼け止めに塗りムラができているケースや、「汗・水やこすれなどによって日焼け止めが落ちてしまっている」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.