くらし情報『一般的な保育園とヴァルドルフ保育園を近い時期で体験することで感じた「新たな気づき」【日登美のオーガニック子育て@ベルリン】』

2019年7月20日 12:00

一般的な保育園とヴァルドルフ保育園を近い時期で体験することで感じた「新たな気づき」【日登美のオーガニック子育て@ベルリン】

この連載は……

モデルの日登美ひとみ)さんは、ドイツ人数学者の夫とともにベルリン在住、2歳から17歳まで、6人の子どもを持つお母さん。いっぽうで、マクロビオティック料理教室や日本の伝統食を手作りするワークショップを開催するなど、マクロビオティックインストラクターとしても活躍。この連載では、ベルリンでのオーガニックライフを、食、子育て、そして暮らしを通して、綴っていきます。

ドイツのヴァルドルフ園

ヴァルドルフ保育園(シュタイナー教育の保育園)に下の子供二人が転園して1〜2ヶ月が経ちました。最初に入園した頃にはならし保育があり、1〜2週間子供と保育室で一緒に過ごさせていただきました。そのときにみた光景から今回は少しドイツのヴァルドルフ園の様子をお伝えしようと思います。
以前いた保育園もとても楽しく通わせていただき、親子共々良い友達もでき、先生とも仲良く大好きだったのですが、「ヴァルドルフ」というコンセプトがあるだけあって、こちらの園もまた違ったよさがあります。

一般的な保育園とヴァルドルフ保育園を近い時期で体験することで感じた「新たな気づき」【日登美のオーガニック子育て@ベルリン】

以前通っていた保育園。カラフルでワクワクするような室内。使い勝手も子供に合わせてくれています。
一般的な保育園とヴァルドルフ保育園を近い時期で体験することで感じた「新たな気づき」【日登美のオーガニック子育て@ベルリン】

遊具は様々、本に楽器、音に運動と子供の興味で何でも遊べるようになっていた以前の保育園。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.