くらし情報『今年の梅雨は長引く?頭痛があるなら要注意!知っておきたい家族の『梅雨バテ』リスクと予防策』

2019年7月18日 08:10

今年の梅雨は長引く?頭痛があるなら要注意!知っておきたい家族の『梅雨バテ』リスクと予防策

目次

・梅雨に多い体調不良
・なぜ梅雨は「頭痛」や「倦怠感」が起きるの?
・梅雨バテの対策は?
・子どもの梅雨バテ予防法
今年の梅雨は長引く?頭痛があるなら要注意!知っておきたい家族の『梅雨バテ』リスクと予防策


そろそろ梅雨疲れを起こしていませんか?

現役の内科医師で、健康解説動画チャンネル「からだプラン」の運営などを手掛ける橋本将吉先生が先日イベントで、夏バテならぬ「梅雨バテ」リスクを解説しました。

その梅雨バテの原因と対策と共に、子どもの梅雨バテリスクや予防・対処法もあわせて伺いました!

梅雨に多い体調不良

株式会社リーフェが実施した20~50代男女100名に対するアンケート調査結果によると、「梅雨時期に体調を崩しやすいと感じたことはありますか。」という質問に対し、全体の32%が「はい」と回答!

さらに「梅雨時期に起こる不調はどんなものがありますか。」という質問に対しては、頭痛が65.6%とトップ。次いで、倦怠感40.6%、疲れ37.5%という結果に。

なんだか最近、頭痛やだるさ、疲れを感じているなら、要注意かもしれません。

なぜ梅雨は「頭痛」や「倦怠感」が起きるの?

橋本先生はそんな梅雨の体調不良、「梅雨バテ」の原因を次のように解説します。

「梅雨は湿度が高いですが、夏と比べると気温が高くないため、人間が生きる上でもっとも重要な体温調節がうまく機能しなくなります。汗をかき、それが蒸発することで体を冷やし、熱を逃がすことができますが、梅雨は汗が蒸発しづらく、体温が体の中にこもってしまい、これが倦怠感につながると考えられます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.