くらし情報『偏差値だけで学校を選ぶと子どもの可能性を狭める!?受験中学選びのポイント【今から知っておきたい中学受験のイロハ】』

2019年8月13日 18:00

偏差値だけで学校を選ぶと子どもの可能性を狭める!?受験中学選びのポイント【今から知っておきたい中学受験のイロハ】

第5回学校選びのポイント

目次

・第5回学校選びのポイント
・まずは、わが家の教育方針を確認すること
・学校の選択肢のふり幅は思いっきり広げよう
・偏差値から学校を選択するのってどうなのか
・実際に訪れなければ空気感まではわからない
・こういう学校選びは失敗する
・子どもの意見は認めながら、最善の選択を導く
偏差値だけで学校を選ぶと子どもの可能性を狭める!?受験中学選びのポイント【今から知っておきたい中学受験のイロハ】


まずは、わが家の教育方針を確認すること

「うちの子にはどんな学校が合いますか?おすすめの学校はどこですか?」と、よく聞かれますが、私はお答えしないことにしています。なぜなら、その家庭の教育方針によって、おすすめの学校は異なるからです。

先に塾講師などのプロが「この学校がいい」と言ってしまうと、そのイメージに引っ張られて、正しい選択ができなくなる危険性があります。ですから、まずはご家庭で、お子さんをどんな環境で学ばせたいが、どんな力をつけたいのかをよく話し合ってほしいのです。

ブランドイメージや評判だけでなく、その志望校の教育方針とわが家の教育方針と合っているか、校風に共感できるかという視点で学校を選んでほしいと思います。

教育方針がある程度固まったら、次に家からの距離、共学か男子校・女子校か、ミッション系がいいのか、英語、理科、数学など特定の科目に力を入れている、ICT環境が整っている、グローバル化に力を入れている、運動に力を入れているなど、細かな条件を考えます。

ここまでイメージが具体的になっていれば、塾の先生に聞いた場合でも、適切な提案を出してもらいやすくなるでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.