くらし情報『失敗しない!?子どもに合う塾の選び方とは【今から知っておきたい中学受験のイロハ】』

2019年8月27日 18:00

失敗しない!?子どもに合う塾の選び方とは【今から知っておきたい中学受験のイロハ】

第6回失敗しない塾の選び方

目次

・第6回失敗しない塾の選び方
・塾にはいつから通わせればいい?
・わが子に合う塾とはどんな塾?
・塾のカリキュラムはこうなっている
・塾で習うのは2科目?4科目?
・塾選びの一番のポイントとは
・どうしても合わないなら、転塾もあり?
失敗しない!?子どもに合う塾の選び方とは【今から知っておきたい中学受験のイロハ】


塾にはいつから通わせればいい?

中学受験をさせようと決めたら、塾はいつから通わせたらいいのでしょうか。

大手の塾のカリキュラムは、どこも4、5、6年生の3年間で受験本番に間に合うように組まれています。つまり、4年生からのスタートが基本ということ。ちなみに、塾でいう4年生とは3年の2月のことです。
ただ、学習習慣をつけるという意味でとカリキュラムのハードさから、2年生の2月(塾でいう3年生)からのスタートを推奨する大手塾もあります。

私の個人的意見としては、子どもが無理なく勉強をするには、3年生の2月からが現実的ですし、それで十分だと思います。
お子さんの性格や家庭の状況(経済面、送迎など)を考えあわせて、3年生スタートか4年生スタートかを選べばいいでしょう。

中学受験をさせるかどうか、決心がつかないという場合でも、塾でいう5年生、つまり4年生の2月には、入塾して学習をしなければ、受験に間に合わせることはかなり厳しくなります(もちろん例外はありますが)。

わが子に合う塾とはどんな塾?

どの塾が合うかは、お子さんのキャラクターによるところが大きいです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.