くらし情報『70年以上変わらない日本の教育システム。そんな時に出てきた全く新しいネットの学校「N高」とは!?』

2019年7月25日 17:50

70年以上変わらない日本の教育システム。そんな時に出てきた全く新しいネットの学校「N高」とは!?

第3回開校3年目にして1万3千人の生徒を集める“N高”とは

70年以上変わらない日本の教育システム。そんな時に出てきた全く新しいネットの学校「N高」とは!?


EdTechで日本の教育を草の根から変えていこうと奔走する、二児のパパ&スーパー銭湯大好きな高山智司です。

これまで、究極の教育は、個別最適型の“アダプティブラーニング”だという話をしてきました。今回は、日本で“アダプティブラーニング”を実践し、急成長中のN高の事例を紹介しましょう。

日本はICT後進国だ!

日本は先進国だと思っている人が多いのではないでしょうか。しかしICT環境においては、日本は後進国と言わざるをえません。

経済産業省は昨年「D X (デジタルトランスフォーメーション)レポート ~ITシステム『2025年の崖』の克服とDXの本格的な展開~」というレポートを発表しました(https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/digital_transformation/pdf/20180907_02.pdf?fbclid=IwAR0rAAZuuAmkfnsMvllJcJtNog917mrIO33tuvkGfTPCSsKLJQlLhqQfT4Y)。

この中で経済産業省は、日本は既存のレガシーシステムが足かせとなり、革新的なICT化を進めることができず、2025年を境に、最大12兆円/年(現在の約3倍)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.