くらし情報『【3歳からはじめる性教育②】一番大事なのは”セックス”を伝えること!?』

2019年8月13日 17:50

【3歳からはじめる性教育②】一番大事なのは”セックス”を伝えること!?

性犯罪から子どもを守るためには、性教育が大事!」「しかも、スタートは3歳から!」とシリーズ第1回目(https://hanakomama.jp/topics/75496/)でお伝えしましたが、いざ始めてみようと思っても、何から手をつけていいのかわかりません。

なぜなら、私たち親世代の性教育といえば、生理と妊娠と出産と…大した内容は習っていないから。そもそも「性教育」が何を指しているのかも、よくわからないかも。

前回に引き続き、性教育アドバイザーののじまなみさんに教えていただきます。

【3歳からはじめる性教育②】一番大事なのは”セックス”を伝えること!?


「私たちの時代の性教育は、男女別々に、男女の第二次性徴の違いについて習い、受精の部分は飛ばして、赤ちゃんの成長過程を習うというような流れ。生理や精通は教えてくれるけれど、どうやって赤ちゃんができるか、肝心なところは何も聞かされませんでした。学校教育において、それは今も昔もあまり変わっていません」

そういう意味では、ママ世代できちんとした性教育を受けたことのある人は稀。
しかし、子どもに性教育をする上で、受精=セックスの話は避けて通れないと、のじまさん。

「セックスは私たちの命の成り立ち、根幹となる部分なのに、日本の性教育の中では、恥ずべきものだと思われています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.