くらし情報『【3歳からはじめる性教育④】伝える内容は男女で違う?パパの出番は?』

2019年8月27日 17:50

【3歳からはじめる性教育④】伝える内容は男女で違う?パパの出番は?

性教育アドバイザーのじまさんが主宰する「とにかく明るい性教育【パンツの教室】協会」では、悩めるお母さんたちを年間5000〜6000人サポートしています。

下ネタ大好きな5〜6歳児のママ、小学校1〜2年のママが多く、思春期を迎える前の最後のチャンス!とばかりに駆け込みでくる10〜11歳のママが次に続きますが、ママ世代が受けた性教育では、学校の授業では男女別々、内容も男女で違っていた人がほとんど。

男の子と女の子で伝え方は違うのか?
男の子の体のことをよく知らないから、パパの協力が必要?

そんな悩みにのじまなみさんが痛快に答えてくれます!

【3歳からはじめる性教育④】伝える内容は男女で違う?パパの出番は?


性犯罪の被害者の男女比は、実は4:6と、そこまで差が大きくありません。一方で、わいせつ事件の加害者の9割は男性のため、ニュースで目にするたびに「うちの子が誰を傷つけてしまったらどうしよう」と思っている男の子ママがとにかく多いんだとか。のじまさんのところにやってくる男の子ママは「うちの子が将来犯罪者にならないために!」という思いで聞きにくる人がほとんどだといいます。

「だからといって、性教育をするときに、男女で話をする内容を変える必要はまったくなし!男の子にも女の子の体の話をするし、女の子に男の子の体の話をします。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.