くらし情報『【3歳からはじめる性教育⑤】性教育の話は、毎日習慣化すべし!』

2019年9月3日 17:50

【3歳からはじめる性教育⑤】性教育の話は、毎日習慣化すべし!

性教育アドバイザーのじまなみさんに聞く「3歳からはじめる性教育」シリーズも早5回目。すでに家で実践しているママもいらっしゃるでしょうか?

「話してみたものの、一度で終わった」「虫の交尾の話をしたけれど、その先が続かない」など、コツをつかむまで、ママの悩みが尽きないのがこの性教育の話。

とはいえ、子どもの成長に合わせて、必要になる性教育の深度も変わり、ずっと続けていく必要があります。

「毎日習慣化することが大事」というのじまさんは、どうやって習慣化しているのか、そのコツを伺いました。

【3歳からはじめる性教育⑤】性教育の話は、毎日習慣化すべし!


「ママたちが性教育の話をうまく言えない一番の理由は、1から10までいっぺんに伝えようとするから。今日は1だけ、今日は2、次は7だけ…とか細切れでいうことが大事。長いと子どもは飽きちゃうんですよ。飽きないためにも、短く伝えてあげることがポイントです」

短く…というのはどれくらいの分量なのでしょうか?

お風呂に入ったときに『お父さんにはおちんちんが生えているのに、あなたには生えていないね』とか、『あなたのおっぱいもママみたいにそのうち大きくなるからね。そのときはかわいいブラジャー買おうね』とか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.