くらし情報『日々の生活で身につける!?勉強と思わせないペーパー試験対策【わが家のドタバタ小学校受験体験記】』

2019年8月23日 08:00

日々の生活で身につける!?勉強と思わせないペーパー試験対策【わが家のドタバタ小学校受験体験記】

この連載では、息子の小学校受験(2018年)を通して学んだことを振り返りつつ、「小学校受験に興味はあるけど、まだよく分からない」という読者のママ向けに【小学校受験のイロハ】をお伝えしていきます。

第6回 勉強と気づかせないペーパー試験対策のススメ

日々の生活で身につける!?勉強と思わせないペーパー試験対策【わが家のドタバタ小学校受験体験記】


5、6歳の子どもが1つのことに集中できるのは何分くらいなのでしょう。個人差も大きいですし、取り組む対象や状況によっても変わると思いますが、よく言われるのは「年齢+1分」程度、15分続けば長いほうではないでしょうか。

では、限られた時間の中で、前回取り上げたような幅広い科目をどのように学ばせていけばよいのか。今回は、その点を掘り下げていきたいと思います。

<毎日の会話で時間感覚を磨こう>
一番理想的なのは、勉強と気づかせず、本人も「気づいたら知っていた」となるように、教えていくことではないかと思います。そのために私が心がけてきたことのうち、毎日の会話を通して定着できたのが、時間と空間の感覚です。

日々の生活で身につける!?勉強と思わせないペーパー試験対策【わが家のドタバタ小学校受験体験記】


まず、アナログ時計の読み方です。時計の読み方自体がテストにでることはないのですが、

・生活のリズムをつける
・「毎日時になったら学習するんだ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.