くらし情報『ゲームに夢中な子どもこそ!勉強好きになる可能性を秘めている!?』

2019年8月16日 08:10

ゲームに夢中な子どもこそ!勉強好きになる可能性を秘めている!?

夏休み真っ只中。クーラーの効いた部屋で子どもについついゲームをさせてしまいがち。「ゲームのやりすぎは、学力低下につながるのでは?大丈夫かしら?」と不安を抱えているママは多いのでは?

先日、2019年8月2日(金)に、NPO法人CANVASが株式会社ポケモンと、「夏休み、子どもとデジタルゲームの上手な付き合い方」をテーマとしたセミナーを開催しました。

目次

・ゲームにはメリットがたくさん!?
・なぜ学校の勉強はつまらないの?
・大切なのは「家庭でゲーム性を取り入れるシステムづくり」


登壇したのは、東京大学大学総合教育研究センターで「ゲームと教育」について研究している藤本徹先生と、東大生謎解きクリエイターの松丸亮吾さん。

ゲームに夢中な子どもこそ!勉強好きになる可能性を秘めている!?

(左)藤本先生/(右)松丸さん

「家庭でデジタルゲームを遊ぶときのヒント」や「子どもの成長に役立つ遊び方のコツ」が紹介されました。

今回は、そのセミナーの内容からヒントになりそうなことをピックアップしてご紹介します。

ゲームにはメリットがたくさん!?

ゲームに夢中な子どもこそ!勉強好きになる可能性を秘めている!?


セミナーへ参加した親たちからは、我が子について「外遊びでなくゲームばかりしている」「最近友達とゲームをする機会が増えて、今後の時間の使い方が心配」など、不安の声が数多くあがっていました。

一見、不安ばかりが叫ばれるデジタルゲームですが、ゲームにはたくさんのメリットもあるとのこと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.