くらし情報『ゲームに夢中な子どもこそ!勉強好きになる可能性を秘めている!?』

2019年8月16日 08:10

ゲームに夢中な子どもこそ!勉強好きになる可能性を秘めている!?

です。

ゲーム性とは、

1.達成感を演出する「ストーリーやゴール」
2.チャレンジや失敗を奨励する「ルール」設定
3.「フィードバック」が多いインタラクティブ性

この3つのことを指していて、これらが揃うことでゲームのワクワク感がつくられます。

一方で、古典的な学校の世界観は、達成した際のやりがいが設定されているわけでなく、チャレンジを許されない環境で「失敗は恥」と教えられ、フィードバックの少ない一方向の授業。さらに強制的に参加することが義務づけられているため、結果、ワクワクしない…。困りますよね。

これらの「ゲーム性」を構成する要素を普段の生活にも取り入れてみることで、ワクワクした、ストーリーのある暮らしが得られるのではないでしょうか?

松丸さん:自分は頭から勉強しろ、と強制されると非常に嫌がるタイプでした。テストの順位付けをされるのも好きではなかったので、いわゆる古典的な学習法が苦手なタイプですね。

ただ、お母さんに「間違えたところは悪いところではない、できないところがはっきりしたので、できるようになればよい。むしろチャンスである。」と、間違えた点を攻略していく、という着眼点を教えられたことで、勉強の中にゲーム性を見出して、楽しいものにすることができました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.