くらし情報『フェアトレードや有機の意味っていまさら聞きにくいかも…?未来のために食からできること』

2019年8月21日 11:50

フェアトレードや有機の意味っていまさら聞きにくいかも…?未来のために食からできること

目次

・フェアトレード
・アニマルウェルフェア
・有機JAS
・最後に
フェアトレードや有機の意味っていまさら聞きにくいかも…?未来のために食からできること


誰かの犠牲によって作られた商品をあなたは買いたいですか。
この問いに「Yes」と答える人は誰もいないでしょう。
しかし、私たちの周りで売られている様々な商品は、知らないところで奴隷のような扱いの低賃金労働や児童労働や動物虐待に関わっているかもしれません。
商品を選ぶときに、単に値段や見た目だけで判断するのではなく、人・社会・環境に配慮した商品を選択する手掛かりとなる取り組みをご紹介します。

フェアトレード

フェアトレードや有機の意味っていまさら聞きにくいかも…?未来のために食からできること

(国際フェアトレード認証ロゴマーク)

驚くほど安い値段で売られている商品を目にすることがあります。
この商品が販売されるまでの背景には、発展途上国での低賃金労働や、児童労働が行われていたり、過剰な程の農薬散布により労働者に健康被害を及ぼしたりしている可能性が潜んでいます。
例えば、子ども達が大好きなチョコレート。
チョコレートの原材料であるカカオ豆は、主に西アフリカで生産され日本に輸入されています。
発展途上国でカカオ豆の生産に関わっているのが、低賃金で働かされている子ども達です。
児童労働という問題を断ち切るため、発展途上国の生産者と適切な価格で継続的に取引をすることで、生活の改善と自立を図る試みが世界的に広がりつつあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.