くらし情報『これが育児の最先端。子どもの成長を振り返られるドキュメンテーション保育って?【教えて!ケイト先生】』

2019年8月22日 20:50

これが育児の最先端。子どもの成長を振り返られるドキュメンテーション保育って?【教えて!ケイト先生】

皆さんこんにちは。河西です。
最近、ママさんたちと話をしていると、子どもの教育にとても興味関心を持っている人が多いなぁ…という印象を持ちます。
そこで、今回の連載は、保育の現場で取り入れられている、保育士さん向けの最先端のカリキュラムを紹介させていただきます。

「ドキュメンテーション保育」この言葉を皆さんは知っていますか?

これが育児の最先端。子どもの成長を振り返られるドキュメンテーション保育って?【教えて!ケイト先生】


ドキュメンテーションは直訳すると「書類」ですが、保育業界では「子どもの学びをふり返るための書類」と位置づけています。
つまり、ドキュメンテーションを見ると、園児ひとりひとりの成長が分かるというわけです。
また、子どもの遊びや活動している姿を写真に残し(子どもが作った作品なども)、それを見て、子ども自身がどのような意図をもって、その行動をしているのか?を保育士が考えることも指しています。
スマホやタブレットなどのICTが導入されはじめ、写真がより身近になった保育現場。
写真を撮り、それを利用して、子どもの育ちを振り返りながら、保育士同士が話し合いをし、書類として残せることもこのドキュメンテーションのいいところ。

保育を振り返ることも大切ですが、育児を振り返ることも大切ですよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.