くらし情報『里帰り出産のため日本へ一時帰国。初産を経験して、一番よかったと思えたこととは…!?【初めて尽くしのドイツ生活】』

2019年8月30日 17:50

里帰り出産のため日本へ一時帰国。初産を経験して、一番よかったと思えたこととは…!?【初めて尽くしのドイツ生活】

この連載は、

ひょんなことから、25歳にドイツで駐在妻となったゆとり世代の筆者が初めての結婚生活・妊娠・出産・子育てを、初めての海外生活で、泥臭く奮闘した「初めて尽くしのドイツ生活」を記した体験談。

目次

・【いざ出産】
・【子育てのスタートをどう迎えるか】


リアルなドイツ生活や子育てについてはもちろんのこと、「優雅」と言われがちな駐在という立場にいる苦悩や、外から見た日本の「本当にこれでいいの?」と感じる疑問や違和感を綴ります!

子どもだけじゃない、自分のキャリアやライフスタイルを見る視野が1度でも広がり、1mmでも深まるきっかけになれば幸いです。

里帰り出産のために一時帰国をしたわたしは、日本とドイツの病院の雰囲気の違いを感じました。

まずは体重管理が厳しい!日本に帰国すると医師に体重増加はプラス10kgまで。検診のたびに体重を記録した母子手帳を見ては「今回はこれくらい増えましたね」「今日は前回と変わらないですね」などなど。大幅に増えていたり、減っていたりしたら母体だけでなく、胎児の健康状態に影響があるからだというとも理解はしています。ただ素朴な疑問として「体重が増えるとなにが問題なんですか?」と医師に聞くと「産道に脂肪がついて、難産になりやすいから」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.