くらし情報『塾にもダブルスクールがある!?塾を掛け持ちする時に気をつけること【今から知っておきたい中学受験のイロハ】』

2019年9月13日 18:10

塾にもダブルスクールがある!?塾を掛け持ちする時に気をつけること【今から知っておきたい中学受験のイロハ】

第7回塾にもあるの!?ダブルスクールが必要なわけ

目次

・第7回塾にもあるの!?ダブルスクールが必要なわけ
・3割くらいの子が、二つの塾に通っている!?
・ダブルスクールが必要かな…と思うのはこんなとき
・塾を掛け持ちするときに気をつけるべきことは?
塾にもダブルスクールがある!?塾を掛け持ちする時に気をつけること【今から知っておきたい中学受験のイロハ】


3割くらいの子が、二つの塾に通っている!?

塾に通っているのにさらに家庭教師に来てもらっている、あるいは個別指導塾に通っているというお子さんは少なくありません。
今回は、そういった塾のダブルスクールについてお話ししましょう。

塾だけでも時間的にも経済的にもかなり負担なのにダブルスクール?と思う方もいるかもしれません。実際には、私の肌感覚になりますが、3割くらいのお子さんがダブルスクールのスタイルをとる時期があると思います(年間を通して、直前期のみ、など期間は人それぞれ異なると思います)。

ダブルスクールが必要かな…と思うのはこんなとき

どんなお子さんがダブルスクールをしているかというと、一人ひとりに目が行き届かない、大手塾でカリキュラム進度の早い塾に通うお子さん、塾の授業スピードについていけない、あるいはもっと上を目指したいというお子さんで、必ずしも成績が下位のお子さんばかりではなく、中堅どころや、超上位のお子さんもいます。

学年としては5年の終わりから6年生。特に算数に言えることですが、だいたい3、4年生くらいまでであれば、お母さんお父さんがサポートして成績をキープすることは可能です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.