くらし情報『産んで終わらない。赤ちゃんとのドイツへ戻る超長距離フライト&主人不在でのワンオペ育児への不安【初めて尽くしのドイツ生活】』

2019年9月6日 17:50

産んで終わらない。赤ちゃんとのドイツへ戻る超長距離フライト&主人不在でのワンオペ育児への不安【初めて尽くしのドイツ生活】

この連載は、

ひょんなことから、25歳にドイツで駐在妻となったゆとり世代の筆者が初めての結婚生活・妊娠・出産・子育てを、初めての海外生活で、泥臭く奮闘した「初めて尽くしのドイツ生活」を記した体験談。

目次

・【迫る赤ちゃん連れの超長距離フライト】
・【ある家族からの声掛け】
・【ひとりでドイツに行くか、義母に頼るか】


リアルなドイツ生活や子育てについてはもちろんのこと、「優雅」と言われがちな駐在という立場にいる苦悩や、外から見た日本の「本当にこれでいいの?」と感じる疑問や違和感を綴ります!

子どもだけじゃない、自分のキャリアやライフスタイルを見る視野が1度でも広がり、1mmでも深まるきっかけになれば幸いです。

里帰り出産を経験された方は、いつごろ実家を離れて自宅での子育てをスタートさせましたか?
または近い将来、子育てを検討されている方で、もしご家族のサポートが得られない距離に住んでいる場合、どんな生活がスタートするとイメージしますか?

…そう、特に日本から離れるとわかっていたら。

【迫る赤ちゃん連れの超長距離フライト】

産んで終わらない。赤ちゃんとのドイツへ戻る超長距離フライト&主人不在でのワンオペ育児への不安【初めて尽くしのドイツ生活】


産んで終わらない。むしろスタート。そんなことはわかってはいたけれど、初めて抱く頼りなくて、か弱い赤ちゃんを目の前に、授乳・おむつ替え・ねかしつけ・ぐずり対応・お風呂・複数回の着替えに追われていると、ホッとする場面は、トイレに行く時くらい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.