くらし情報『受験で塾は本当に行かせた方が良いの?確認しておきたい3つのコト【わが家のドタバタ小学校受験体験記】』

2019年9月20日 08:00

受験で塾は本当に行かせた方が良いの?確認しておきたい3つのコト【わが家のドタバタ小学校受験体験記】

この連載では、息子の小学校受験(2018年)を通して学んだことを振り返りつつ、「小学校受験に興味はあるけど、まだよく分からない」という読者のママ向けに【小学校受験のイロハ】をお伝えしていきます。

第8回 お受験塾って、行かせるべき? 迷ったら確認したい3つのコト

目次

・第8回 お受験塾って、行かせるべき? 迷ったら確認したい3つのコト
・1.塾で得られるもの、手放すもの。
・2. 同じくらい時間とコストを投資して、合格に近づく道はないか。
・3. 合否結果を抜きにしても、塾の理念・教育実践に共感できるか
受験で塾は本当に行かせた方が良いの?確認しておきたい3つのコト【わが家のドタバタ小学校受験体験記】


読者ママさんの中には、塾に通わせようかどうか迷っている方もいらっしゃると思います。わが家は年少の12月から2年間、いわゆる受験塾にお世話になりました。結果的には通って良かったと思っていますが、事前にもっと検討しておけば良かったな…という点もあります。

1.塾で得られるもの、手放すもの。

もっとよく検討しておけば良かったなと感じるのは、塾通いで得られること、手放すこと。特に後者についてです。「なんとかなるだろう!」と勢いでスタートしてしまうと、わが家のように途中で息切れしてしまいます。受験塾=時間とお金の投資ですから、「手放すもの」についてはシビアにイメージしておいたほうが良いでしょう。

振り返りになってしまいますが、わが家のケースはこんな感じです。

<塾に通ったからこそ得られたもの>

・受験情報(出題傾向、試験の詳細な流れ、服装など)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.