くらし情報『まさか自分の子供が不登校になるなんて。そんな時に足を運んだベルリンのカウンセリング【日登美のオーガニック子育て@ベルリン】』

2019年9月20日 12:00

まさか自分の子供が不登校になるなんて。そんな時に足を運んだベルリンのカウンセリング【日登美のオーガニック子育て@ベルリン】

この連載は……

モデルの日登美ひとみ)さんは、ドイツ人数学者の夫とともにベルリン在住、2歳から17歳まで、6人の子どもを持つお母さん。いっぽうで、マクロビオティック料理教室や日本の伝統食を手作りするワークショップを開催するなど、マクロビオティックインストラクターとしても活躍。この連載では、ベルリンでのオーガニックライフを、食、子育て、そして暮らしを通して、綴っていきます。

ベルリンでの不登校とカウンセリング

まさか自分の子供が不登校になるなんて思ってもいなかった。しかもベルリンで。
予想がつかないことが起こるのが子育て。そうはいっても、ベルリンでまだ生まれたての赤ちゃんを抱えてのあの日々は確かに親子で大変だったなぁというのを思い出します。
ブラジルからベルリンに引っ越して半年が過ぎ、赤ちゃんも無事に生まれ、子供たちの学校も決まり色々落ち着いてきたと思われたころ、それは突然やってきました。

双子の片方がなぜか毎朝お腹をこわしてしまう。トイレからでれなくなってしまう。もちろんそんな様子だから学校には行きたくない。初めは風邪かな、と思っていました。ベルリンはブラジルより寒いし、気候も違うし、食べ物もまた違います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.