くらし情報『【森絵梨佳さんインタビュー】「初の母親役でたくさん共感しました!」』

2019年9月20日 18:25

【森絵梨佳さんインタビュー】「初の母親役でたくさん共感しました!」

10年の時を超えてつながる“出会い”を描く映画『アイネクライネナハトムジーク』公開記念スペシャル・インタビュー前編

【森絵梨佳さんインタビュー】「初の母親役でたくさん共感しました!」


大人気ベストセラー作家の伊坂幸太郎さん唯一の恋愛小説集「アイネクライネナハトムジーク」を映画化。本作に出演している人気モデル森絵梨佳さんにお話を伺いました。森さんは、2017年に第一子となる男の子を出産。現在、お仕事をしながら子育て中の毎日。映画のこと、プライベートのこと、たくさん語っていただきました!

映画『アイネクライネナハトムジーク』で森絵梨佳さんが演じるのは、三浦春馬さん演じる主人公の佐藤の親友、織田一真の妻、由美。学生時代に出会った一真と結婚し、2人の子どもを育てる母親役を演じています。今回、森さんにとって初めての母親役です。

——まず、由美という役柄をどのように感じましたか?

由美は、とても芯の強い女性だと思います。若くして子どもを授かって、いろいろ葛藤があったと思うんです。それでも、母親として強く生きよう、家族を支えていこうと、この道で生きてくことを決めた潔さ、逞しさがある。そこが魅力だなと思いました。

——夫の一真は、すぐ仕事をさぼったり、ふざけたことばかり言ったりしている少し頼り甲斐のない夫。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.