くらし情報『生後1ヶ月の赤ちゃんと共に台風15号の停電に遭遇。災害対策は早急に!』

2019年10月3日 12:00

生後1ヶ月の赤ちゃんと共に台風15号の停電に遭遇。災害対策は早急に!

まず最初に今回の台風15号での停電は一部の地域でまだ続いています。早く復旧することを心よりお祈りします。

生後1ヶ月のお祝いをした夜、台風15号が千葉の実家に直撃し、ものすごい風の音で怯えながら授乳していたら明け方に停電しました。

目次

・【一部の地域の被災の場合は、被災していない親戚の家などに避難することも考える。】
・【防災グッズの用意を入念にしておく】


私の実家は9日の朝4時から12日の深夜1時頃まで停電しました。70時間弱の長い長い停電でした。

9日の、夜18時過ぎに東京電力さんが今日中の復旧は難しいことを発表した時並々ならぬ恐怖が自分に襲いかかりました。

言葉を発せない新生児をクーラーなしの熱帯夜で過ごさせる恐怖。真っ暗の中、暑さで嗚咽して泣く我が子への授乳しなければいけない恐怖。母乳が出なくなってしまったらという恐怖。などなど…

特に暗くなり小さい明かりがあっても、想像以上に何をするにも大変だったので里帰り先から車で1時間半の主人のいる家に一度戻ることにしました。

この判断はとても賢明だったと心の底から感じます。
今回の停電で感じたこと学んだことをお伝えしたいと思います。

【一部の地域の被災の場合は、被災していない親戚の家などに避難することも考える。】

生後1ヶ月の赤ちゃんと共に台風15号の停電に遭遇。災害対策は早急に!


大人だけだったらここまでする必要はないかもしれませんが、乳幼児などがいる場合は被災していない場所まで車で移動することも考えるべきだと私は思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.