くらし情報『息子と行ったJAXA宇宙センター。お月見か月面着陸か。そして月の絵本。【Anneママの『絵本とボクと、ときどきパパ』】』

2019年9月27日 17:50

息子と行ったJAXA宇宙センター。お月見か月面着陸か。そして月の絵本。【Anneママの『絵本とボクと、ときどきパパ』】

と言ったような憧れや情熱は、やっぱりないようです。

息子と行ったJAXA宇宙センター。お月見か月面着陸か。そして月の絵本。【Anneママの『絵本とボクと、ときどきパパ』】


とはいえ、はるばるつくばまで来たのに、早々に家に帰るのではもったいない。では、隣にあるという地質標本館に行こう、となりました。隣といっても徒歩15分~20分。やっぱり、つくばの土地感覚は広いです。

結局、宇宙センターに行きたいと言った息子は、こちらの地質標本館の方に夢中になっていました。さまざまな地層や美しい石が分かりやすく展示されていて、その魅力が素人にもとてもよく伝わってきます。こちらではたっぷりと時間をかけて、見学してきましたよ。
息子は、宇宙より地球が好き。月も、月面着陸ではなく、地球から見上げるのが好き。やっぱりそういうことのようです。

ということで、今回は、月の絵本をご紹介します。

『おやすみなさいおつきさま』(マーガレット・ワイズ・ブラウン:さく、クレメント・ハード:え/評論社)。

息子と行ったJAXA宇宙センター。お月見か月面着陸か。そして月の絵本。【Anneママの『絵本とボクと、ときどきパパ』】


あの、オバマ元大統領も読んだという、定番絵本です。これから寝ようとする小さな子ウサギが、お部屋のもの一つ一つを確認しながら、おやすみ、おやすみ、と声をかけてゆきます。読みながら、だんだんと、心が休まり、静かになってゆき、ああ、もう寝るんだな、という気持ちにさせられる、おやすみ前の絵本。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.