くらし情報『増税による内食志向、作り置き、家事シェア…時代の変化を感じる!新時代の冷凍・冷蔵庫3選』

2019年9月30日 18:05

増税による内食志向、作り置き、家事シェア…時代の変化を感じる!新時代の冷凍・冷蔵庫3選

今、冷凍冷蔵庫は作り置きブームで大容量が注目を集めています。また家事シェアも推進されていることから、料理の作り手のみならず、家族みんなが活用できることも必須といえます。そこで今回は、時代のニーズに合った、時代の変化を感じる3つの冷凍・冷蔵庫をご紹介します。

1.家庭用で国内最大クラスの大容量の冷凍庫!

目次

・1.家庭用で国内最大クラスの大容量の冷凍庫!
・2.下が冷凍室・上が冷蔵室!見た目は冷凍室のほうが大きい!?
・3.開けなくてもノックすれば中身が見える冷蔵庫!
増税による内食志向、作り置き、家事シェア…時代の変化を感じる!新時代の冷凍・冷蔵庫3選

319L上開き式冷凍庫(JF-MNC319A)

「冷凍室が狭い」「セカンド冷凍庫が欲しいくらい、スペースが足りない!」と日頃、感じていませんか?

ハイアールジャパンセールスは、家庭用で国内最大クラスの大容量となる3機種の冷凍庫を2019年9月13日より発売。いずれも上開き式冷凍庫で、519L、429L、319Lの3種があります。

その企画・開発の背景には、近年の作り置きブームや、まとめ買いニーズ、都市部から離れた住まいで長期保存したいというニーズ、そもそも業務用スーパーが流行しており、販売されているパック詰めなどの商品が大きくて既存の冷凍庫では収まらないといった家庭の冷凍スペース関連のニーズがあったといいます。

増税による内食志向、作り置き、家事シェア…時代の変化を感じる!新時代の冷凍・冷蔵庫3選

519L上開き式冷凍庫(JF-MNC519A)

その他、タッチ式操作パネルで1℃単位での温度設定が可能(-16℃~-24℃)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.