くらし情報『今どきの子どもは数の感覚が乏しい!?幼児期に身につけておきたい力とは【今から知っておきたい中学受験のイロハ】』

2019年10月15日 18:00

今どきの子どもは数の感覚が乏しい!?幼児期に身につけておきたい力とは【今から知っておきたい中学受験のイロハ】

第9回幼児期に身につけておいてほしい力

目次

・第9回幼児期に身につけておいてほしい力
・今どきの子どもは数の感覚が乏しくなっている!
・数の感覚を養うために日常生活の中でできること
・自然体験、家庭内での会話も大事!
今どきの子どもは数の感覚が乏しい!?幼児期に身につけておきたい力とは【今から知っておきたい中学受験のイロハ】


これまで、学校の選び方、塾の選び方、受験にかかる費用など、中学受験について書いてきました。今回は、直接中学受験に関係ないように思うかもしれませんが、幼児から9歳くらいまでの間に、ご家庭でしておいてほしいことについて話したいと思います。実際にはこの時期の親のかかわり方は、後々、中学受験にも大きく影響していきます。

今どきの子どもは数の感覚が乏しくなっている!

私は、受験塾の代表として中学受験・高校受験の指導をしているほか、幼児から小学生を対象としたアフタースクール(学童保育)の運営もしています。最近のお子さんを見ていて感じるのは、数の感覚が非常に乏しくなっているということ。

今の子は、お金を持っていません。バスや電車に乗るのも、コンビニでお菓子を買うのも、PASMOやSuicaなどの交通系ICカードが1枚あればこと足りてしまうからです。
だから、使ったらお金が減るという感覚もないし、おつりをもらうという経験もありません。私たちが子どもの頃は50円とか100円を持って駄菓子屋に行き、このお金をどうやりくりすればよりハッピーになれるかと頭を働かせたものですが、今の子たちはそういう経験をするチャンスがないのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.