くらし情報『初産婦の母乳が出るまでの奮闘記。(妊娠中にやったこと)』

2019年10月7日 12:00

初産婦の母乳が出るまでの奮闘記。(妊娠中にやったこと)

目次

・【マタニティヨガ】
・【おっぱいマッサージ】
・【母乳にこだわらないマインドをつくっておく】
初産婦の母乳が出るまでの奮闘記。(妊娠中にやったこと)


母乳育児、完ミ育児、混合育児…恐怖の出産が終わってから待っているものそれは「おっぱい問題」ですよね!
私は特にお恥ずかしながら乳首がとっても小さくて、きっと赤ちゃんにとって、飲みづらいおっぱいだろうなぁ…とずっと妊娠中から、いや、妊娠前から不安でした。
なので妊娠中から#母乳育児のハッシュタグを拾って夜な夜な色々調べていました。
そんな私が妊娠中にやっていたことを今回ご紹介したいと思います。

【マタニティヨガ】

マタニティヨガの中でも母乳の出が良くなるポーズは猫のポーズ cat and cowです。四つん這いになり腰を丸くして、次の呼吸で背中を反らすポーズです。
は肘を曲げ肩に手を置いて、肘を回す運動です。これも胸筋が鍛えられ、前回しと後ろ回しを行っていました。
胸周りの筋肉をほぐしたり伸ばしたり動かしたりする事が母乳分泌を良くするようですので両手を上にあげ伸ばすだけでも効果があります。朝起きた後などに習慣化するといいですね。
ヨガを始めたのは私は安定期に入ってからにしましたが、助産師さんと相談しながら行うのがいいと思います。切迫早産の方や子宮頚管が短い方は安静にする必要がありますが、私の産院はマタニティヨガを助産師さん達が先生として教えてくれました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.