くらし情報『10月11日は国際ガールズ・デー。六本木のギャラリーでグアテマラの写真展も開催。』

2019年10月10日 18:00

10月11日は国際ガールズ・デー。六本木のギャラリーでグアテマラの写真展も開催。

世界の女の子の自立と幸せを願う日。国際ガールズ・デー。

日本では小中学校は、男女問わず誰でも学校に通い、学ぶことができます。でもそれは、世界的に見れば非常に稀で恵まれていること。国際ガールズ・デーは、世界で学校に行かせてもらえず、家事や仕事、時には身売りされてしまう女の子を救うために、国際NGOプランインターナショナルの働きかけで2011年に国連で定められました。

10月11日は国際ガールズ・デー。六本木のギャラリーでグアテマラの写真展も開催。


この活動を広めるために、グアテマラから来日したエベリンさん(20歳)は、生まれ育ったポロチック地区から出たことはなく、海外ももちろん初めて。はるばる日本に来てくれた理由と国際ガールズ・デーについての思いを聞きました。

10月11日は国際ガールズ・デー。六本木のギャラリーでグアテマラの写真展も開催。

グアテマラから来日したエベリンさん。

「私の国では女性には教育はいらない、という考え方が根付いています。男の子は普通に学校に行けるのに、女の子は学校に行かせてもらえず、家事や畑の手伝い、兄弟の世話などをさせられます。そんな状況を一人でも多くの人に伝え、現状を変えるのが私の役割です。私の姉も学校に行くのを反対され、父に内緒で学校に通い、ひどく怒られました。そんな中でも姉が看護師の資格を取ったことで、ようやく父も私が学校に行くことをゆるしてくれたんです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.