くらし情報『10月から食品ロスに関する新たな法律が施行。親子で7日間食品ロスダイアリーにチャレンジ!』

2019年10月16日 10:02

10月から食品ロスに関する新たな法律が施行。親子で7日間食品ロスダイアリーにチャレンジ!

食べものを作るには、たくさんの水、そして電気や火などのエネルギーが必要となりますが、エネルギーを作る際には地球温暖化の原因となる二酸化炭素が排出されてしまいます。

食品ロスを減らすことは、これらの水や二酸化炭素の量を減らすこととなり、結果として地球環境を守ることに繋がります。
また、食べ物を作る時や買う時にはお金がかかりますが、日々の生活で食品ロスを減らすことにより、無駄なお金を減らすこともできます。
さらに、子どもと一緒に食品ロスを考えることにより、子ども自身が食べ物の大切さや感謝の気持ちを知るきっかけとなります。
これによって残さず食べることを心がけて、好き嫌いが減ることにつながるかもしれません。

7日でチャレンジ!食品ロスダイアリー

食品ロスを減らすためには、まずは自分たちが日々の生活の中でどの程度の食品ロスを出してしまっているのかを知ることから始まります。環境省では、日々の生活から発生している食品ロスの量を、日記形式で記録することができる「7日でチャレンジ!食品ロスダイアリー」を作成しています。
子ども向けの内容になっていて、親子で一緒に食品ロスについて考えられるきっかけとなります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.