くらし情報『ドイツの定番のお夕飯・カルトエッセンは、忙しいママの大きな味方!【日登美のオーガニック子育て@ベルリン】』

2019年10月27日 10:05

ドイツの定番のお夕飯・カルトエッセンは、忙しいママの大きな味方!【日登美のオーガニック子育て@ベルリン】

この連載は……

モデルの日登美(ひとみ)さんは、ドイツ人数学者の夫とともにベルリン在住、2歳から17歳まで、6人の子どもを持つお母さん。いっぽうで、マクロビオティック料理教室や日本の伝統食を手作りするワークショップを開催するなど、マクロビオティックインストラクターとしても活躍。この連載では、ベルリンでのオーガニックライフを、食、子育て、そして暮らしを通して、綴っていきます。

カルトエッセン

カルトエッセンでご存知ですか?ドイツの定番のお夕飯はカルトエッセンと言われています。

一般的に朝ごはんはベッカライ(パン屋さん)で買ってきたパンとジャムなど甘いものかミュースリーなどのシリアルとヨーグルトなどを食べ、暖かいスープやパスタ、ラザニアなど料理されたものが出てくるのは昼ごはん。夜は料理せず、昼の残り物を食べるか、パンにサラミやハム、チーズなどをたべてすませるのがいわゆるカルトエッセン(冷たいご飯)と言われるものです。

ドイツの定番のお夕飯・カルトエッセンは、忙しいママの大きな味方!【日登美のオーガニック子育て@ベルリン】


ドイツに来た当初は、冬の寒い家路に家々からおでんの香りやカレーの匂いのする日本の家庭の姿の思い出と照らし合せて、夜ご飯に残り物?しかも料理されてない、買ってきたパンにチーズ?ドイツ人よ可哀想に。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.