くらし情報『日本とは全然違う!? シンガポールの出産事情』

2019年10月27日 16:00

日本とは全然違う!? シンガポールの出産事情

出産は女性にとって1つの大きなライフイベントですが、国によってスタイルや考え方もさまざま。
私は娘をシンガポールで出産したのですが、日本とは異なる事情に驚きを隠せないことも多々ありました。
今日はそんなシンガポールの出産事情についてほんの少し紹介したいと思います。

目次

・ほとんどの人が無痛分娩?
・入院日数が短い!
・出産当日のあれこれ


日本とは全然違う!? シンガポールの出産事情


ほとんどの人が無痛分娩?

これはアメリカなど欧米諸国もそうだと思うのですが、シンガポールでも95%? と思われるくらいほとんどの人が無痛分娩。シンガポール人にとっては「どうして自ら痛い思いをしなくてはいけないの?」「出産はもっと楽しむもの!」という考えがあるようです。実際に私もシンガポール人の担当医の先生からは「出産は大事な瞬間だから、楽しむべきですよ!」と言われました。
日本も最近は変わってきてはいるものの、痛みを伴ってこそ一人前、みたいな考えも根強いですよね。あくまでも考え方の違いなので、どちらが良い悪いというのはないと思うのですが、出産は痛いもの、という考えが当たり前になっていた私はいざシンガポールで異なる環境を目の当たりにして最初は戸惑いました。
また、シンガポールは中華系の人種が多いため「風水」を大事にする習慣もあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.