くらし情報『あの人赤ちゃんをラフに扱いすぎ!と思ったら、人形だった。【クラーク志織のロンドン子育てDiary】』

2019年12月5日 12:00

あの人赤ちゃんをラフに扱いすぎ!と思ったら、人形だった。【クラーク志織のロンドン子育てDiary】

この連載は……
ロンドン在住のイラストレーター、クラーク志織さんが、現地での子育て事情をレポート。さまざまな人種やカルチャーが交差するロンドンでは、日本の育児の常識からは信じられないようなエピソードが!?そんな多様な子育て事情を知ることで、自分らしい子育てのヒントが見つかるかも!

あの人赤ちゃんをラフに扱いすぎ!と思ったら、人形だった。【クラーク志織のロンドン子育てDiary】


イギリスの人形はやたらリアルな事が多いので、たまに本当の赤ちゃんと見間違えちゃいます。

公園で見かけたこのお父さん、人形をリュックに突っ込んでいただけですが、遠目で本物の新生児だと思ってしまった私は、あやうく「それはさすがに駄目じゃないですか?」と声をかけそうになっちゃいました。

気がついてよかった(笑)

あの人赤ちゃんをラフに扱いすぎ!と思ったら、人形だった。【クラーク志織のロンドン子育てDiary】


クラーク志織(クラーク・しおり)
イラストレーター。武蔵野美術大学卒業後、2012年にイギリスへ移住し、現在は日本、イギリス、ドイツなどで活躍中。雑誌や広告のイラスト、CDカバーのアートワーク、絵本のイラスト、テキスタイルのデザイン、カフェのペーパーカップデザイン、LINEスタンプ制作など、作品のジャンルは多岐にわたる。

この連載一覧

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.