くらし情報『相談できる医者なし、療育機関なし 。【発達障害児ママのドタバタ子育て奮闘記】』

2020年1月8日 10:02

相談できる医者なし、療育機関なし 。【発達障害児ママのドタバタ子育て奮闘記】

公立小学校の特別支援学級に通う6年生の次女、アタはASD、いわゆる発達障害児。最初はその事実を受け入れられませんでしたが、そのうち、これって普通の子より個性が強すぎるだけなのかも、という心境に。こう言っては不謹慎ですが、障害児を育てるというのは、案外面白いのです。現在、夫は海外に単身赴任中。大学生の長女と私、そしてアタの3人のドタバタライフを書き綴っていきたいと思います。

第2回相談できる医者なし、療育機関なし

(1)海外生活の心細さを実感
さて、アタに障害があると目星がついたところで、まず困ったことが1つ。

「どこに相談すればいいのかな?」

実は当時、我が家は主人の仕事の都合で、中国に住んでいました。アタが生まれたのは、浙江省。
日本人はまだ少なく、店も学校も病院も、英語はおろか、当然日本語も通じませんでした。

中国生活2年目に入り、言葉も分かるようになってようやく生活が楽しめて来ていた矢先でした。
普通に生活する分には問題ありませんが、

「え!障害?」
「『発達障害』って、中国語で何ていうの?」

イレギュラーが起きると、世界は一変。
自分が外国人だということが、こんなに心細く感じられたことはありませんでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.