くらし情報『麺が浮かぶ看板をみんなで見て楽しんだ頃。【連載・室木おすしの「娘へ。」】』

2020年1月12日 10:11

麺が浮かぶ看板をみんなで見て楽しんだ頃。【連載・室木おすしの「娘へ。」】

この連載は……

イラストレーターで、3歳と1歳の双子の女の子のパパ、室木おすしさんによる育児イラストエッセイ。

娘が将来結婚などして(しなくても)離れていってしまうことが今から心配で、0歳のころから、娘とのあれこれを結婚式で思い出そう!と「娘素材集」を頭の中にコツコツと作っている、という室木さん。

この連載では、よりすぐりの素材をチョイス。

室木さんが娘の結婚式でスピーチとして娘に読んでいるような体でお送りします!

麺が浮かぶ看板をみんなで見て楽しんだ頃。【連載・室木おすしの「娘へ。」】


「今日のちゅるちゅるは動いているのか」【第32通目】

麺が浮かぶ看板をみんなで見て楽しんだ頃。【連載・室木おすしの「娘へ。」】


娘へ。

あなたたちが小さい頃、麺類のことをちゅるちゅると言っていました。
ちゅるちゅるラーメン。
ちゅるちゅるうどん。
ちゅるちゅるパスタにちゅるちゅるそーめん。

ちゅるちゅるとつけるとなんだか楽しそうで、あなたたちは目を輝かせていましたね。
とくにラーメンと、うどんはみんな、好物でよく食べていました。(パスタはあんまり好きじゃなかったけど)

あなたが4歳、次女と三女が2歳の夏の頃、山の上の公園にあるプールで遊んだあとの帰り道、家族5人でラーメン屋さんに入りました。

まだお店で食べるには小さい2人がいる我々はあまり外食ができず、めったにないお店での食事にあなたはとても喜んでいました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.