くらし情報『発達障害児アタ、衝撃のプールデビュー!【発達障害児ママのドタバタ子育て奮闘記】』

2020年1月29日 10:08

発達障害児アタ、衝撃のプールデビュー!【発達障害児ママのドタバタ子育て奮闘記】

公立小学校の特別支援学級に通う6年生の次女、アタはASD、いわゆる発達障害児。最初はその事実を受け入れられませんでしたが、そのうち、これって普通の子より個性が強すぎるだけなのかも、という心境に。こう言っては不謹慎ですが、障害児を育てるというのは、案外面白いのです。現在、夫は海外に単身赴任中。大学生の長女と私、そしてアタの3人のドタバタライフを書き綴ります。

第3回発達障害児あた、衝撃のプールデビュー

(1)発達障碍児が水中大好きのわけ
発達障害の子どもは、水好きが多いそうです。

思えばアタも、大の水好き。
プールに行くと、潜っては浮き潜っては浮きの繰り返し。放っておくと、唇真っ青、手足はふやけるまで水の中。上がる時は大泣き大暴れで、それこそ毎度ゲンナリでした。
夢中になると、とにかく聞き分けがありません(それは今も変わりませんが)。

聞いた話では、発達障害児にとって水中は動きやすいだけでなく、水圧でギューっと包まれる感覚が、お母さんの抱っこに似てたまらなく心地良いんだそうです。
思春期になると刺激を求めて、いつまでも水から上がりたがらない男の子もいるそうですが、まあそれはもう少し大きくなってからのお話(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.