くらし情報『「海洋プラスチックごみ」を減らすために今日からできること。』

2020年2月7日 11:50

「海洋プラスチックごみ」を減らすために今日からできること。

目次

・海洋プラスチックはどこからやってくるのか
・日本の現状
・食生活から私達ができる対策
・プラスチック・スマート
「海洋プラスチックごみ」を減らすために今日からできること。


ウミガメの鼻にストローが詰まって苦しむ映像を過去にニュースで見た人も多いのではないでしょうか。
とてもショッキングな映像でした。
この頃から海洋プラスチックごみ問題について話題になることが多くなりましたね。
そして、プラスチック製品のリサイクルや削減を実行する人も徐々に増えてきていると思います。
今回は海洋プラスチックごみを削減するために、食生活からできる様々な事を考えていきたいと思います。

海洋プラスチックはどこからやってくるのか

「海洋プラスチックごみ」を減らすために今日からできること。


海洋プラスチックごみの起源をたどると、約8割は陸から運ばれてきているのだとか。
陸地で捨てられたり壊れたりして出た様々なプラスチックごみは、風や雨によって排水溝を通って河川へと流れ、衝突や紫外線や熱により微細化されながら海へと流出します。
そして、海洋生物がプラスチックによって傷つけられたり、小さな粒子となった「マイクロプラスチック」を摂取したりしてしまうのです。さらに、魚を食べる私たちの体内にも蓄積しているのではないかと懸念されています。

日本の現状

「海洋プラスチックごみ」を減らすために今日からできること。


陸上から海洋に流出したプラスチックごみ発生量ランキングでは、1位が中国、2位がインドネシア、3位がフィリピンなのに対して、日本は30位でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.