くらし情報『子どもが世界を知りたがったら。【Anneママの『絵本とボクと、ときどきパパ』】』

2020年2月15日 10:27

子どもが世界を知りたがったら。【Anneママの『絵本とボクと、ときどきパパ』】

子どもが世界を知りたがったら。【Anneママの『絵本とボクと、ときどきパパ』】


「難民」として日本で生活をしなければならない人々の、生活や苦悩を追ったノンフィクション。どういう経緯で故郷で暮らせなくなってしまったのか。どうやって日本にたどり着いたのか。彼らには私たちと同じように家族と共に食卓を囲み、心のこもったお料理を口にしていました。そんなかけがえのない時間があったことを知るうちに、「難民」とは遠い国の話ではなく、人ごとでもなく、すぐ近くに住む人たちの話かもしれないことが、リアリティーを持って伝わってきます。彼らが紹介する故郷のお料理の美味しそうなこと!深刻な内容ですが、同時に優しさや軽やかさ、楽しさも詰まった作品です。
なにも子どもが世界に興味を持つタイミングを待つ必要はないですね。いつだって、こうした読み物に触れて心が豊かになって欲しいと思います。
(Anne)

子どもが世界を知りたがったら。【Anneママの『絵本とボクと、ときどきパパ』】


Anne (アンヌ)
モデル・絵本ソムリエ。1971年東京生まれ。14歳で渡仏、パリ第8大学映画科卒。国内外のショーやファッション誌を多数経験。映画、エッセイ、旅、ワインなどのコラム等の執筆も手がける。出産を期に子供の発育と絵本の読み聞かせに関心を持ち、地域での読み聞かせボランティアとしても活動中。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.