くらし情報『水分補給の目安って!? 小さなお子さんの飲み物について注意したいこと』

2020年2月22日 14:46

水分補給の目安って!? 小さなお子さんの飲み物について注意したいこと

小さなお子さんの飲み物について注意したいこと

水分補給の目安って!? 小さなお子さんの飲み物について注意したいこと


大人にとって水分補給はとても大事ですが、それはもちろん子どもにとっても同じこと。
成人の体の約60%が水分でできているのに対し、赤ちゃんの体は約75%。確かに赤ちゃんは小さな体のわりには水分を多く必要としますよね。また、赤ちゃんの頃はまだ意思表示もままならないため水分不足になってしまったり、消化機能が未熟なため下痢を起こし脱水気味になってしまうというトラブルも起こりがち。
赤ちゃんの頃からしっかりと水分は補給していきたいものですが、実際にどのように水分を摂れば良いのでしょうか?
私自身、娘が生まれて間もないころ、最初は母乳やミルクで水分を与えていましたが、大きくなるにつれて「これは飲ませて良いのかな?」と疑問が出てくることが沢山ありました。
今回は、小さいお子さんの水分補給について考えてみたいと思います。

そもそも水分とは、母乳やミルクも含みます。月齢が低い頃は母乳やミルクのみで大丈夫。
生後3ヶ月くらいから水を飲ませることは可能と言われていますが、母乳やミルクは赤ちゃんにとって必要な栄養が含まれているため、水を飲ませることでお腹いっぱいになり、母乳やミルクを飲まないという状況はできるだけ避けるようにしましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.