くらし情報『新型コロナウィルスで自宅軟禁。【駐在員の妻は見た!中国の教育事情】』

2020年2月21日 13:14

新型コロナウィルスで自宅軟禁。【駐在員の妻は見た!中国の教育事情】

2018年より中国・広州に滞在中の4歳児ママです。独身時代は上海で暮らしたことがありますが、現地で子育てしてみると驚きと発見の連続。今回は、新型コロナウィルスに関連する動きをお伝えします。私自身は、偶然1月中旬に日本に帰国しており、渦中の中国にはいませんが、現地と頻繁にやりとりをしています。

臨時特別2号:新型コロナウィルスで自宅軟禁

1世帯につき、2日間に1回の外出のみ許可
今年の中国は、本来2月3日が仕事始めでした。しかし、政府の指示により広州・上海は2月10日、武漢はさらに後に延期されました。

春節のお祝いを送ると、地方に住む友達は「自宅軟禁だよ~」と嘆いていました。彼女の場合は、1世帯につき、一人だけが2日間に1回の外出のみ許可されるという状況でした。日本が渡航制限をする湖南省でも浙江省でもない、感染者数が比較的少ない都市です。

2月7日に広州で出された通達では、各マンション居住区(マンション10~20棟程度)への出入り時に必ず検温すること、37.3度以上の者は医療機関で検査を受けること、地区責任者は政府に連絡必須、と強調されています。そして、感染を避けるために「文化的、娯楽的な場所は閉鎖。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.