くらし情報『自宅自粛中におすすめ。今使える台所の三つの知恵【日登美のオーガニック子育て@ベルリン】』

2020年4月20日 12:26

自宅自粛中におすすめ。今使える台所の三つの知恵【日登美のオーガニック子育て@ベルリン】

この連載は……

モデルの日登美(ひとみ)さんは、ドイツ人数学者の夫とともにベルリン在住、4歳から19歳まで、6人の子どもを持つお母さん。いっぽうで、マクロビオティック料理教室や日本の伝統食を手作りするワークショップを開催するなど、マクロビオティックインストラクターとしても活躍。この連載では、ベルリンでのオーガニックライフを、食、子育て、そして暮らしを通して、綴っていきます。

今や世界中で自宅自粛生活が始まっています。ベルリンももうすぐ一ヶ月。この暮らしに慣れてきたところです。

自宅自粛中におすすめ。今使える台所の三つの知恵【日登美のオーガニック子育て@ベルリン】

スーパーではソーシャルディスタンスが徹底されています。

相変わらず外出は人との距離をとっての散歩か買い出しのみ。スーパーには人混みはなく、ソーシャルディスタンスを置くことが強化されています。イースター明けには小さなお店は開店許可が出たものの、ほぼそれ以外は2週間延期、まだしばらくこの暮らしは続くようです。

自宅自粛中におすすめ。今使える台所の三つの知恵【日登美のオーガニック子育て@ベルリン】

子供ら唯一の外出は散歩。この暮らしはまだまだ続くようです。

そんな毎日を支える我が家の台所では、普段より気をつけながらメリハリを考えるようになりました。というのも、自粛当初は日頃より人数が増え、回数が増え、そしてすべての楽しみを課せられるという食卓に応えるべく、ご馳走が続くことが多かったのですが、外出があまりできないし、今はデトックスを促される季節と言われる春。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.