くらし情報『楽しいだけじゃない、ドイツの室内遊び【日登美のオーガニック子育て@ベルリン】』

2020年5月20日 12:00

楽しいだけじゃない、ドイツの室内遊び【日登美のオーガニック子育て@ベルリン】

この連載は……

モデルの日登美(ひとみ)さんは、ドイツ人数学者の夫とともにベルリン在住、4歳から19歳まで、6人の子どもを持つお母さん。いっぽうで、マクロビオティック料理教室や日本の伝統食を手作りするワークショップを開催するなど、マクロビオティックインストラクターとしても活躍。この連載では、ベルリンでのオーガニックライフを、食、子育て、そして暮らしを通して、綴っていきます。

いよいよ我が家のチビたちの保育園も希望者のみですが再開しまして、約二ヶ月ぶりに保育園へ。といっても小学校入学前の子のグループは野外保育で午前中からお昼過ぎまでというスケジュール。そのほかの子は年齢によってグループ分けされ、人口密度が上がらないように園舎の使い分けをしていくようで以前と同じ形態ではありません。

楽しいだけじゃない、ドイツの室内遊び【日登美のオーガニック子育て@ベルリン】

久しぶりの保育園に電車。しっかりマスクをしての移動。

それでも久しぶりの先生や友達との再会やリズムある暮らしが始まるのはありがたいこと。マスクをしての通園が必須、など以前と違うところはいろいろありますが、まず動き出したというのはいいことだと私は思っています。

ともあれ長かった約二ヶ月の自宅自粛の日々。子供も大人もよくがんばったなと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.