くらし情報『4月? それとも9月?入学時期を考える【気になる! 教育ニュース】』

2020年6月21日 10:33

4月? それとも9月?入学時期を考える【気になる! 教育ニュース】

大学入試改革、プログラミング、英語教育……。教育の世界がなにやら騒がしい。このコーナーでは、最近気になった教育関連のニュースをピックアップして紹介します。

4月? それとも9月?入学時期を考える【気になる!  教育ニュース】


第17回4月? それとも9月? 入学時期を考える

コロナで失われた学びの機会
新型コロナウイスルへの感染拡大防止のため、日本全国の小中高校では長期にわたる休校を余儀なくされ、今年度の子どもたちの学びに多くの心配や不安の声が沸き上がりました。

「カリキュラムはちゃんと終わるの?」「学力の格差が広がりそう」

そこで急浮上したのが9月入学案。

報道によれば、準備期間の短さなどの理由で、今年度・来年度のような直近での9月入学の導入は見送られる公算が大きそう。気になる学習の遅れに関しては、夏休みと冬休みの短縮や土曜授業などで補っていくことになりそうです。

ただ、この問題、過去に何度も検討され、その都度、実現が見送られてきました。今回も、9月入学に関する議論は継続される模様です。そこで、私自身、中高生の子を持つ親として、4月入学、9月入学、それぞれのメリット、デメリットをこの機会にきちんと整理してみたいと思いました。

それぞれの入学時期のメリット、デメリット
4月入学のメリットは、就職活動時期や、国家試験の日程などが、4月入学を前提に組まれていること。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.