くらし情報『4月? それとも9月?入学時期を考える【気になる! 教育ニュース】』

2020年6月21日 10:33

4月? それとも9月?入学時期を考える【気になる! 教育ニュース】

何より、授業計画や行事日程など、大幅な見直しが必要で、現場は混乱を極めそうです。

また、文部科学省は衆院文科委員会において、移行期の4~8月も学校で学習する前提で試算すると、授業料や給食費、塾や習い事のような学校外活動費など家庭の費用負担が増加することを提示。公立の中高に通う我が家の場合、増加は2人で40万円程度とか!

いつでも、どこでも、子どもたちに平等な学びを
9月入学に関する読売新聞による世論調査では(5月10日掲載)、賛成が約54%だったのに対し、反対は約34%。一方、日本教育学会は慎重な検討を求めています。

予想される新型コロナの第2波、第3波だけではなく、地震や気象災害など、今後も子どもたちの学習が唐突に中断される可能性も考えられます。スタート時期の問題だけでなく、双方向のオンライン授業の整備・拡充など、どんな状況でも子どもたちに均等な学びをあまねく行き渡らせる。そんな施策をまずは考えてほしい、と思うのは私だけでしょうか。

9月入学の直近での導入は見送られても、議論は続けられる。そうであるならば、政府には問題点の整理や説明、透明度の高い審議を期待したい。この問題の主役は、紛れもなく子どもたちです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.