くらし情報『新型コロナで中国から退避中の子ども達』

2020年7月1日 16:00

新型コロナで中国から退避中の子ども達

いいこともたくさんあった
私の場合は、神奈川県にある夫の実家、都内の友人宅を経て、今は大阪南部の自分の実家を拠点に過ごしています。2月は広州組の同窓会で、泊りがけでサンリオピューロランドに行きました。あの頃は、平穏だったなぁと思います。

その後4月から、以前通園していた都内の幼稚園に、娘を短期で通わせる予定でした。しかし、3月に大阪の実家に帰省すると、緊急事態宣言が発令され、移動できなくなりました。以降、ずっと大阪にいます。6月後半からは、東京で賃貸を借りて、再開した幼稚園そばに住む予定です。

大阪南部の実家は、かなりの田舎にあります。昔、遊びにきた友人に「林間学校に来たみたい」と言われました。「虫だらけ」とも……。自然が豊かなんです。

娘は、今まで都市部での生活が長かったこともあり、最初は虫を怖がっていました。最初は、私が捕まえたトカゲを見て泣き叫び、あまりの声に近所の人が飛んできました。

その後、祖父母の協力のもと、ハムスター、ダンゴムシ、カタツムリなどを飼い始めました。幼児ってダンゴムシの収集が大好きですよね。蝶を一人で捕まえられるようになり、今ではダンゴムシとアゲハ幼虫を服につけて、自転車に乗っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.