くらし情報『子どもの長所の見つけ方。』

2020年6月24日 11:00

子どもの長所の見つけ方。

公立小学校の特別支援学級に通う6年生の次女、アタはASD、いわゆる発達障害児。最初はその事実を受け入れられませんでしたが、そのうち、普通の子より個性が強すぎるだけなのかも、という心境に。こう言っては不謹慎ですが、障害児を育てるというのは、案外面白いのです。現在、夫は海外に単身赴任中。大学生の長女と私、そしてアタの3人のドタバタライフを書き綴ります。

第14回 子どもの良いところを見つけるのは気の持ちよう?

(1)カーテン族に床族?小学校でも、やっぱりアタは自由人
「今日のアタちゃんはカーテン族でした。」小学生支援級では毎日、担任の先生が日課帳でその日の様子を教えてくれます。

え、カーテン族って……?

以前「はらまき体操」(第6回)で紹介した小1の担任は、なかなかのユーモア人。小学生になっても相変わらずなアタの言動を、うまいこと表現してくれます。例えば、

カーテン族:教室のカーテンの中にくるくる巻き込まれたまま、授業中もずーっと出てこない状態。

床族:気に入らないことがあると床に大の字で転がり、そのままだらだら〜の状態。(他の子も真似して床族増殖が問題……)

要するに、ちっとも席に座ってないってことです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.