くらし情報『娘が教えてくれたフェミニズム【ボビーのよかよか子育て日記】』

2020年6月19日 10:00

娘が教えてくれたフェミニズム【ボビーのよかよか子育て日記】

日本が大好きで福岡に移住して14年。TVリポーター、料理家として活躍する、ボビー・ジュードさんの子育て日記です。子どもを通じて感じる、日米の子育て比較論、のびのびとした福岡での暮らし、英語と日本語、どちらで育てるか? など、ボビーさんが感じたいろいろな話題を展開します。ぜひお楽しみに!

娘が教えてくれたフェミニズム【ボビーのよかよか子育て日記】


アメリカ人が母国のイメージについて聞かれると、アメリカという国は人種のるつぼであり、誰にでもアメリカンドリームという大成功するチャンスを与える国、みんなの自由と平等を大切にする国だと述べる人は多いと思うよ。だって、アメリカの独立宣言にこう書かれているもん。

『すべての人間は生まれながらにして平等であり、その創造主によって、生命、自由、および幸福の追求を含む不可侵の権利を与えられている。』

ただ、最近のニュースを見ていると、その権利に関してはアメリカはそう平等じゃないんだと分かるんではないでしょうか。

実はアメリカンドリームを信じながらも、アメリカは政治や社会の制度的に不平等な国だと感じている人は今までもずっと多かったと思うのです。。
独立宣言の和訳では『全ての人間』と訳されていますが、厳密にいうと、英語で『全ての男性』と書かれているばい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.