くらし情報『発達障害児は放課後をどう過ごせばいい?(前編)』

2020年7月8日 10:00

発達障害児は放課後をどう過ごせばいい?(前編)

公立小学校の特別支援学級に通う6年生の次女、アタはASD、いわゆる発達障害児。最初はその事実を受け入れられませんでしたが、そのうち、普通の子より個性が強すぎるだけなのかも、という心境に。こう言っては不謹慎ですが、障害児を育てるというのは、案外面白いのです。現在、夫は海外に単身赴任中。大学生の長女と私、そしてアタの3人のドタバタライフを書き綴ります。

第15回 発達障害児は放課後をどう過ごせばいい?(前編)

(1)「放課後子どもひろば」から「利用停止」を言い渡され……

小学校支援級に通うことになり、のんびり小学校生活をスタートさせたアタですが、目下の悩みは、放課後をどう過ごすか。というのも、アタの小学校は学区外なので、近所に友達がいません。支援級の同級生も、学童利用の子ばかり。

となると、目指すは「放課後子どもひろば」。登録すれば誰でも利用でき、放課後も校内で遊べます。学校敷地内なら安心だし、学童の友達にも会えるし、通常級のお友達もできるかも!ただ、集団行動苦手なアタが参加できる?支援級児童も利用していると聞いたので責任者に相談した所、しばらく付き添いで様子を見ることになりました。

そして、何回かのお試し後OKが出て、1人で利用させてもらうことに!それからは、アタはほぼ毎日「ひろば」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.