くらし情報『ネット依存・ゲーム依存にならないための予防策』

2020年7月1日 10:54

ネット依存・ゲーム依存にならないための予防策

子どもたちの間に急速に広がるスマートフォン。SNSを通じて、簡単に知らない人ともつながることができてしまう世の中です。子どもを危険から守るためにどうすればいいのでしょうか。子どもとネットの関係に詳しい大笹いづみさんに聞きました。

第5回ネット依存・ゲーム依存にならないための予防策

ネット依存・ゲーム依存にならないための予防策


どうしてゲームに夢中になるのか
子どもも大人もなぜゲームに夢中になるのでしょうか。ネットに接続して遊ぶゲームに感じている楽しさに関して、リチャード・バートルという人が興味深い分析をしています。彼は論文の中でプレイヤーを以下の4つにわけて考えています。

1.アチーバー(達成や成長)

目標を達成したい。レベルアップ、ミッションクリアが楽しいタイプ

2.エクスプローラー(探究)

ゲームの世界観や物語を深く知りたい。ゲームで何かを発見したいタイプ

3.ソーシャライザー(交流、協力)

ゲーム内での人とのコミュニケーションをしたいタイプ

4.キラー(優位、勝利)

他のプレイヤーに勝ちたい。ランキングの上位を目指すタイプ

最近のゲームは、より長く続けてもらえるよう、上記のすべてタイプのプレイヤーが満足できるように作られています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.